オペレーション戦略/業務改革

「ナシ婚」層へのアプローチは潜在ニーズの掘り起こしから

editor:佐崎 磨生 / Appreciate

このエントリーをはてなブックマークに追加

20369_s_wi

今や、公園や小学校でも結婚式が出来る時代。
カップルの理想や希望に応えようと各社様々な施策を打ち出しています。
「ナシ婚」が増えている理由としてもいわゆる画一化されたお決まりの「ザ・結婚式」スタイルへの違和感も大きく影響しているようです。会場見学に来てくれればまだいいのですが、「ナシ婚」層の多くがそもそも会場見学をする前に”結婚式をしない”選択をしてしまっているのではないでしょうか。

 

だからこそ、カップルの潜在的なニーズに応えようといった動きが活発化してきています。

 

例えば、

「アニヴェルセル ヒルズ横浜」が開始する”Natural Smile Wedding”は、

”自由なスタイルで行う人前式は、“ゲストとのつながりを大切にしたい”“自由な結婚式にしたい”というカップルからの希望が多く、2012年度は 結婚式を挙げたカップルの23.2%が人前式を選んでいます。”

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140723/prl14072313540073-n1.htm

 

という潜在的なニーズをふまえ、さらに

 

”“家族や友人を大切に思っておもてなしを したい”“みんなに喜んでもらいながら、一緒に自然体で過ごしたい”ということでした。そこで、ゲストのみなさまの リラックスした自然体で心地いい笑顔と祝福に、新郎新婦も一緒になって楽しめるウエディング「Natural Smile Wedding」をご提案します。”

 

と、自社会場のお客様層の顕在ニーズとも合致させたコンセプトを構築・展開されています。

 

自社会場に限らず、他にも面白い試みが増えています。

 

湘南ベルマーレとオフィシャルクラブパートナー契約を結ぶサン・ライフでは、8/3の湘南ベルマーレ対ジェフ千葉戦にて「スタジアムウエディング」を開催。サッカー好き、特に湘南ベルマーレのサポーターカップルにはたまらない企画です。

 

http://www.townnews.co.jp/0605/2014/07/24/245518.html

 

三菱地所が「crazy wedding」と開催するのが、「御殿場プレミアム・アウトレット」(静岡県御殿場市)での結婚式。

http://kirei.mainichi.jp/kireinews/news/20140725dog00m100024000c.html

 

オーダーメイドウエディングというと、これまではカップルからの要望に応じて挙式・披露宴が出来る場所を探してきた方法のイメージが強いのですが、ホテルや専門式場、ゲストハウス、レストランではない「場所」の提案からカップルに訴求していくスタイルです。

 

市民グループ発信のイベントもあります。

 

”【日光】世界遺産「日光の社寺」の門前町「西町」を結婚式の名所としてPRしようと、匠町など4町の女性らでつくるグループ「DANNAVISION入町倶楽部」が21日、婚礼をテーマにした初のイベント「御用邸通りのウエディングな一日」を開いた。

グループのメンバーらは昨年11月にオープンしたカフェ「日光珈琲御用邸通」を中心にイベントを展開。同店にウエディングプランナー2人を常駐させカフェで行う結婚式などの相談会を行った”

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20140723/1663278

 

とありますが、企画の発端は、”日光東照宮や日光二荒山神社で式を挙げるカップルが多いこと”にあったようです。

 

これからは業界の内外を問わず、カップルの潜在ニーズを拾い上げ、カタチにする施策が支持を集めていくのかも知れません。

  • editor紹介
  • 佐崎 磨生 / Appreciate
  • Appreciate 代表
    手作りアイテム制作を中心にカップルの結婚準備を支援する一方、会場の媒体コンサルティングなどを実施。またカップル向け結婚準備セミナーの主催や、業界初の花婿向けウエディングセミナーの運営に参画し、ナシ婚率0%を目指し活動している。

ページの上部へ戻る